生活困窮者自立支援法

神戸市就労準備支援事業 認定就労訓練事業

〒 654-0015 兵庫県神戸市須磨区奥山畑町2番地

TEL:(078)731-6535  FAX:(078)731-6516

生活困窮者自立支援法とは…!? 生活困窮者に対し、生活保護に至る前の段階で、自立相談支援事業を中心に様々な支援を行なうことにより、その自立の促進を図ることを目的とし、雇用を通じた安全網と生活保護との間に、第2のセーフティネットを構築するものです。

アクセス

1 山陽電車 『東須磨駅』 北西徒歩約10分(ライオンズマンション隣り)

2 神戸市バス 『離宮植物園東』バス停 徒歩3分

3 自動車 東からは阪神高速道路 月見山ICより2分 ※西からは第二神明道路 須磨ICより5分

神戸市就労準備支援事業

神戸市就労準備支援事業

設置年月日 平成27年4月

定員:5名

対象:自立相談支援機関「くらし支援窓口」のアセスメントに基づき判断され、行政により決定される。すぐには一般企業等で働くことが難しい方。

事業目的

生活保護受給者を含む生活困窮者の中には、就労に必要な知識や技術等が不足しているだけではなく、生活リズムが崩れているなど生活習慣等に課題がある、社会との関わりに不安を抱えている、就労意欲が低下しているなどの理由により、就労に向けた準備が整っていない者がいる。これらの者に対して、就労への動機付けや基礎能力の形成など、各々の状態に応じ、就労に向けたきめ細かな支援を行い、将来の自立につなげていくことを目的とする。

事業内容

各区の自立相談支援機関「くらし支援窓口」にて事業活用が必要と判断され、利用開始となる。本人の意思及び状況を勘案し、就労準備支援プログラムを作成する。日常生活自立・社会性自立・就労自立に関する支援を一貫して実施する。原則最長一年間の利用の中で、適切な生活習慣の形成や社会的能力の形成を促し、ヨハネ寮内の作業参加や法人内事業所体験などするなど就労体験を行います。

神戸市認定就労訓練事業

事業目的

直ちに一般就労を目指すことが困難な生活保護受給者を含む生活困窮者に対して、一般就労に向けた支援付きの就労の機会を提供し、一般就労に就く上で必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練等を行うことにより、円滑な就職及び世帯の自立の助長に寄与することを目的とする。

事業内容

自立相談支援機関「くらし支援窓口」のあっせんに応じて、就労に困難を抱える生活困窮者を受け入れ、その状況に応じた就労の機会を提供するとともに、生活面や健康面での支援を行う。
雇用契約を締結せず、訓練として就労を体験する非雇用型、雇用契約を締結した上で支援付きの就労を行う雇用型があり、どちらの場合も、本人の状況に合わせてステップアップしていき、最終的には一般就労につなげることを目標とする。