救護施設 ヨハネ寮

ホーム>救護施設 ヨハネ寮
救護施設 ヨハネ寮2020-11-12T06:44:30+09:00

第1種社会福祉事業 救護施設

救護施設 ヨハネ寮

〒 654-0015 神戸市須磨区奥山畑町2番地

TEL:(078)731-6535  FAX:(078)731-6516

設置年月:昭和37年10月

定員:入所50名(男性) 通所事業25名

対象:生活保護法第38条(身体上又は精神上著しい障害があるために日常生活を営むことが困難な要保護者を入所させて生活扶助を行なう)

アクセス

1 山陽電車 『東須磨駅』 北西徒歩約10分(ライオンズマンション隣り)

2 神戸市バス 『離宮植物園東』バス停 徒歩3分

3 自動車 東からは阪神高速道路 月見山ICより2分 ※西からは第二神明道路 須磨ICより5分

事業目的

身体、精神の障がいや、何らかの生活上の課題があるため、自立して日常生活を営むことが困難な方が入所される施設です。生活保護法に基づいて生活や社会参加に必要なサービスを提供し、健康で安心して自立した生活が送れるよう支援します。

長期入院などで地域での生活に不安や戸惑いを感じている方たちを支え、近い将来、再び地域で暮らしていく力を取り戻すために、自分で出来ること、誰かの助けをかりることを組み合わせて、その人らしい生活の実現を目指すための支援を行ないます。

事業内容

・生活支援

利用者一人ひとりの意向を尊重し、その人らしい生き生きとした生活実現を目指した支援を行います。日常生活を円滑に営むために必要な身辺整理、清潔習慣、食生活、対人関係の結び方等を支援します。

毎月のレクリエーションやビデオ鑑賞、カラオケ等のクラブ活動を通し、自己実現や社会生活に役立つような支援を支援します。

・作業活動

体力の回復や向上、精神の安定、生活リズム等を身につけることを目的とし、一人ひとりの能力や適性を生かして、農耕作業・内職作業・清掃作業等に参加しています。

○居宅生活訓練事業

地域での居宅生活を希望される利用者を対象に、アパート等を利用し社会生活能力を習得するための訓練を行います。

○一時入所事業

さまざまな理由から一時的に居宅での生活が困難となった生活保護受給者などを対象に、短期的に施設で受け入れ支援することにより、再度居宅での生活を可能にすることを目的としています。原則7日間。

○保護施設通所事業

施設を退所された方の居宅生活を支援するため、通所または職員の訪問により、生活全般の相談・支援を行います。

新着情報

2022.1.5 ヨハネ寮:餅つきを行いました。

2022/01/04|

12月27日に餅つき大会を行いました。 朝早くから、利用者さん職員一緒になって餅つきを行いました。交代しながらリズム良く餅をつき、やわらかく滑らかなお餅に仕上がりました。つきたてのお餅はぜんざいとしていただきました。美味しかったと満足そうな笑顔が溢れていました。

2022.1.5 ヨハネ寮:クリスマス会を行いました。

2022/01/04|

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。   去る12月24日にクリスマス会を行いました。 理事長よりクリスマスとは、イエス様の生誕をお祝いするというお話をしていただき、皆静かに聞き入っていました。その後、クリスマスに因んだ電子オルガンの演奏を聴き、皆でクリスマスケーキを食べてクリスマスをお祝いしています。 新型コロナウイルス感染症対策のため、2班に分かれてのクリスマス会となりましたが、クリスマスのひとときを皆さん楽しまれていました。

2021.11.24 ヨハネ寮:日帰り旅行に行きました。

2021/11/22|

11月11日と18日、2班に分かれて湯村温泉へ日帰り旅行に行きました。 お風呂に入ったり、温泉街を散策したり、おいしいお昼ごはんを食べたり。紅葉に彩られた温泉でゆったりと過ごしました。 温泉やごはんに加えて、リンゴ狩りも楽しみました。シーズン終わりで少し小ぶりではありましたが、そのぶん味が凝縮されていたのかもぎたてのリンゴは甘さも酸味もほど良く、皆美味しそうに頬張っていました。 新型コロナウイルス感染症でなかなか自由に外出できない日々が続きましたが、感染状況が落ち着いたタイミングで、皆で出かけることができ楽しいひとときを過ごすことができました。

Go to Top