神戸市認定就労訓練事業

ホーム>神戸市認定就労訓練事業
神戸市認定就労訓練事業2021-04-14T23:09:09+09:00
生活困窮者自立支援法

神戸市認定就労訓練事業

〒654-0015 神戸市須磨区奥山畑町2番地

TEL:(078)731-6535  FAX:(078)731-6516

生活困窮者自立支援法とは…!? 生活困窮者に対し、生活保護に至る前の段階で、自立相談支援事業を中心に様々な支援を行なうことにより、その自立の促進を図ることを目的とし、雇用を通じた安全網と生活保護との間に、第2のセーフティネットを構築するものです。

アクセス

1 山陽電車 『東須磨駅』 北西徒歩約10分(ライオンズマンション隣り)

2 神戸市バス 『離宮植物園東』バス停 徒歩3分

3 自動車 東からは阪神高速道路 月見山ICより2分 ※西からは第二神明道路 須磨ICより5分

神戸市認定就労訓練事業

神戸市認定就労訓練事業

設置年月日 平成27年12月

定員:5名

事業目的

直ちに一般就労を目指すことが困難な生活保護受給者を含む生活困窮者に対して、一般就労に向けた支援付きの就労の機会を提供し、一般就労に就く上で必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練等を行うことにより、円滑な就職及び世帯の自立の助長に寄与することを目的とする。

事業内容

自立相談支援機関「くらし支援窓口」のあっせんに応じて、就労に困難を抱える生活困窮者を受け入れ、その状況に応じた就労の機会を提供するとともに、生活面や健康面での支援を行う。
雇用契約を締結せず、訓練として就労を体験する非雇用型、雇用契約を締結した上で支援付きの就労を行う雇用型があり、どちらの場合も、本人の状況に合わせてステップアップしていき、最終的には一般就労につなげることを目標とする。

新着情報

2021.10.22 ヨゼフ寮:枝豆の収穫

2021/10/22|

10月17日、天候が良く、ヨゼフ寮の庭先に植えていた枝豆の収穫を行いました。 手で一つ一つ枝から房を外し、たくさんの枝豆が取れました。 10月20日、その枝豆を豆ごはんとして昼食時に出してもらいました。「豆ごはんにしてもらったで、おいしかったわ」とみんな笑顔で喜んでいました。

2021.10.21 ヨゼフ寮:日帰り旅行に行きました。

2021/10/21|

10月4日、観光バスを2台貸し切り、セントラルパークへ行きました。 昼食はセトレハイランドヴィラ姫路へ行き、近海で採れた魚介類や姫路産のステーキなど一品ずつ飾り付けた料理に舌鼓を打ちました。今回、コロナ対策としてホテル内の宴会場を貸切りました。 午後から姫路セントラルパークのサファリへ行きました。ドライブサファリでナレーションを聞きながら動物鑑賞しました。丁度、カバが池で水浴びをしていて、職員が「左側にカバがいるよ。」と伝えると、左窓から外を覗いている利用者がいました。 セントラルパークの遊園地では、各グループに分かれて活動をしました。ジェットコースターに乗車した利用者はとても楽しかったようで満面の笑みを浮かべていました。アトラクションよりも『食』というグループはアイスクリームやジュースなど間食を摂り、園内の散策をしました。天候に恵まれて、とても楽しい一日を過ごしました。      

法人本部:マスコットキャラクターの紹介

2021/10/18|

地域貢献委員会の発案で法人職員関係者を対象に、ヨハネ会のマスコットキャラクターを募集し、 職員とその家族、利用者さんとのコラボなど、総数16件の応募がありました。 その中から職員の投票により「ヨハネのタマちゃん」が大賞に選ばれました。 胸に抱えているのはヨハネ会のシンボルマーク、ザクロの実です。 ヨハネ会のマスコットキャラクター「ヨハネのタマちゃん」をよろしくお願いします。

Go to Top