いたやど障害者地域生活支援センターからご報告です。

11月9日(土)に須磨パティオ買い物広場で、手づくりひろば「すましあ」を開催しました。

 

当日は雲一つない晴天にも恵まれ、無事に行うことができました。

会場では、就労継続支援B型事業所の手づくりのお菓子や雑貨が販売され、多くのお客さんで賑わっていました。

また、特設したステージでも須磨区の生活介護事業所によるアフリカ太鼓の演奏や、須磨友が丘高校のブラスバンド演奏などで、区民の方に楽しんで頂きました。

 

いたやど障害者地域生活支援センターでは、主にステージの企画に携わらせていただきました。今年は障害の啓発だけでなく、地域とのつながりをテーマに須磨友が丘高校さんのご協力のもと、演奏途中での指揮者体験コーナーを企画しました。事業所のメンバーさんや地域のお子さんもステージに上がり、部員の皆さんと一緒に演奏することができました。わずかな時間ではありますが、「演奏する」ことを目的に地域とつながるきっかけになったのではないかと思っています。

今後も須磨区自立支援協議会では、障がいがあるなしに関係なく誰もが住みやすいまちづくりを目指して、様々な活動に取り組んでいきたいと思っています。

協議会の詳細はHPをご覧ください。→ https://suma-net.org/

 

最後になりますが、当日お越しいただいた区民の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。