7月28日は土用の丑の日ですね。

西部在宅障害者福祉センターでも給食でうなぎを提供させていただきました。

江戸時代、暑い夏の日にうなぎが売れずに困っていたうなぎ屋が学者の平賀源内に相談した所、丑の日に「う」のつく食べ物を食べるとよいという風習にちなんで、うなぎ屋に「本日土用の丑の日」という貼り紙をさせたそうです。

これにより、うなぎ屋は大繁盛し、土用にはうなぎが定着しました。

ビタミンB1の豊富なうなぎは疲労回復には最適な食材です。

美味しく食べて暑い夏を乗り切りましょう!!(栄養士より)

 

 

7月28日のメニュー:ミニうなぎご飯、冷やしうどん、茄子のはさみ煮、フルーツ